近年、エコカラットという内壁が注目されています。これは粘土鉱物アロフェンという素材で作られており、一度焼き上げることで陶器のような感じに頑丈になります。エコカラットが注目されているのにはいくつか理由があります。まず、インテリアとして内壁に貼ることで、従来の壁紙よりも立体感が出ておしゃれな感じになるからです。

また、その種類も豊富で、限られたデザインではなく、様々なデザインを選ぶことができるのです。次に、VOCを吸収する働きがあります。聞きなれないVOCという言葉ですが、これは揮発性有機化合物というもので、塗料などに含まれているものです。VOCはシックハウス症候群になる原因の一つになっています。

そのVOCを吸収する働きがあるのがエコカラットなのです。小さな子供がいる家庭やアレルギー体質な人が住んでいる家庭では役に立つ素材なのです。3つめは調湿効果があります。日本では昔から土の壁が用いられていました。

土の壁を用いた理由は湿気の多いこの国で湿気を調整し、湿度が高い夏前や夏でも過ごしやすいように考え出された壁なのです。実は、エコカラットも土壁と同じように調湿効果が備わっており、土壁の4倍から5倍の調湿効果があるのです。エコカラットの注意点としては、施工する場合には家のすべてに施工することができるというわけではないという点です。お風呂場などの水がかかるような場所では施工することができません。

また、各部屋では床面積の半分以上の範囲で使用することで効果が現れますので注意が必要です。