少しでも有利に会計士転職をするには

会計士になった人も、すべての人が独立しているかといえばそのような事はありません。ある程度ベテランになると独立していることもありますが、実は親の作った事務所を受け継いだだけの場合もあります。自分の親や親戚が会計事務所を所有していないだけでなく周りに一切同じような資格を所有している人がいなければ、いきなり独立をするのは厳しいです。この場合には、まずどこかの事務所で働くかどこかの会社で雇われるしかありません。

このように希望して自分が会社を選んだとしてもそこで働き続けるのが苦しくなることもあります。極度に残業が多いところや体育会系のところ、あるいは人間関係がギスギスしているところなどは長く続けるのが厳しいかもしれません。このような場合は、会計士転職をすると良いでしょう。会計士転職をする場合、一般的には通常のサイトを見てもなかなか転職先が載っていません。

そこで会計士転職を専門的に扱うサイトに登録するのが良いです。そのようなサイトには、たくさんの会計事務所や会計士を募集している会社が掲載されています。その中で気に入ったところに絞り込みそこから面接に臨んで採用を目指すしかありません。面接に関しては、会計事務所や会社によって聞いてくる内容が異なりますが、ほぼ例外なく聞いてくる内容は志望動機になります。

この志望動機は、とにかく収入面が気に入ったなどと言ってはいけません。また家から近いからと言った理由もいまひとつ熱意が感じられず弾かれてしまいます。