会計事務所ごとの違いから会計士転職を考える

会計士転職を考えている方にとって転職先の候補の1つとなるのが、会計士事務所です。会計士事務所は、公認会計士事務所や税理士事務所、税務会計事務所の総称ですが、職場ごとに働き方や業務内容などに大きく違いが出るという点を押さえておきましょう。実際に会計士転職を考える場合に注意が必要となるのが、どのような環境で働きたいのか整理するという点です。同じ会計事務所でも、少人数で経営している小さな事務所もあれば、100人以上が働いている大規模なところまで多くの環境があります。

そして特定の分野や業種に特化している事務所もあるため、同じ会計事務所という名前でも人間関係や仕事へのかかわり方に違いがあります。さらに会計事務所の違いによって、会計士転職では残業の多さや給料、福利厚生などさまざまな点が異なります。職場ごとにどのような違いがあるのか知ることで、自分に合った転職先を探しやすくなります。また自分に合った転職先を探すためには、どのような環境で働きたいのか、条件を1つずつ整理しておくことも必要です。

まずは自分の中で理想とする条件をピックアップして、実際の求人と比較しながら、どのような環境なら相性が良いか確認していくのも1つの手です。会計士転職でより良い環境を選ぶためには、求人を比較していくことも大切です。気になる求人をいくつかピックアップしたら、条件を比較してみましょう。比較していくことで、自分にマッチしそうな環境を探しやすくなります。