会計士転職先として考えられる求人内容

会計士転職先として考えられる求人は、監査法人、会期事務所、会計系のコンサルティング業務が多くなっています。また、一般企業でも経理業務もしくは新規上場を目指している会社における最高財務責任者など様々な分野での求人が見込めます。公認会計士ともなれば、財務関係・条項企業の構築された内部統制・税務の知識が期待されるためです。一般企業においても幅広い業務がありうるのですが、事業会社の場合、年齢によって給与の高さが決まってしまうため、若い年齢についての求人が多い傾向があります。

とはいえ、会計事務所やコンサルティング業務会社の場合は専門知識が必要とされるため、年齢が上がっても求人があるのです。会計事務所棟の求人は、上場準備企業の支援や新規公開株公募支援などが中心となり、これらの業種は常時一定の需要があるので求人も安定しています。こちらの業務は会計士転職の際に監査法人の経験が3年以上あると即戦力として認められ、むしろ若い年齢の会計士よりも有利と言えます。独立を目指す会計士には税理士法人系コンサルティングを目指す方もいらっしゃいますが、公認会計士は財務に関する経験が少なく、中小、中堅企業へのコンサルティングを通して税務の経験を積むことを考える方が多いようで、会計士転職先として人気が高い傾向にあります。

金融機関系コンサルティング業務は、アセットマネジメント事業・投資やM&Aなどのファンドがメインとなります。ファンドが投資している会社の最高財務責任者の求人もありますが、給与水準が高い代わりに仕事が極めてハードになります。