会計士転職開始時期は資格取得後か監査法人経験後

一定の評価を得ることができるのが会計士転職監査業務経験、長い人生の中でこうした実績は自分を高めることになりますし、チャンスを見計らっての転職をする際にも良い意味での武器となることです。若いうちはこうした点での評価も得られるものの、年齢的に上がってくると少しだけ違います。年齢層が高くなるに従い社会から求められるハードルも高くなるためであり、スキル不足と判断されて転職を困難にさせないよう、転職をするにしてもタイミングは大事です。ですがさほど転職に対しての焦りを感じる必要が無いのが、業務として会計や財務などがメインであること、これなら監査経験も含めて評価をされることになります。

何かの管理職に就いたことがあるなら、例えばマネージャーなどもそうですが、それらの経験自体も会計士転職では評価対象となるはずです。やりたいことの決まっている会計士転職である場合、職場探しをするに知っても的を絞っての活動をしやすくなります。監査法人から一歩外へ出ての転職をするにしても、FA業務業務を目指すなら早めの転職でも大丈夫です。監査業務経験を活かしやすいのも事業再生やM&Aの業務、ただやはり年齢が高くなりすぎる前の選択がスムーズに事が運びやすくなります。

会計士転職を始めるなら20代半ばから30代前半までが有利、これは公認会計士のライセンスを得てすぐか、監査法人での経験を数年ほど、具体的には5年前後積み上げのタイミングがベストです。