会計士転職したくなる理由

毎日の仕事に嫌気がさすときは必ずしもあり、それは人によって理由は違います。職場や仕事内容に不満がある場合と、自分の力をもっと発揮させたい・スキルアップしたいとの思いで転職を考えるでしょう。安定しており転職も少なそうな会計士においても、会計士転職は良くあることのようです。会計士転職をしたくなる理由がいくつか考えられるのですが、一番大きなことは「働くフィールドが違った」ことと言われています。

ひとことで会計士といっても、働く場所やその規模で、業務や負荷・必要とされるスキルが変わっていきます。一般的には、監査法人・会計事務所・一般企業ですが、その他、コンサル・投資銀行・PEファンドなどあり、更にこれらは企業や業務により細かくなっていきます。このそれぞれにおいて、必要とされるスキルがあるので安易に転職してしまうと就職後が辛くなる場合もあるでしょう。最近の傾向だと、公認会計士のみが独占でき一種の花形といわれる、監査法人からの転職が多いようです。

監査業務に携わることができ収入も良い反面、激務とされており監査業務などの仕事をバリバリこなしたい人にとっては最高ですが、プライベートも大事にしたい人は、くもう少し業務負担の重くない一般企業や会計事務所などへの転職を考えるようです。逆に自身のスキルアップをはかり上を目指す為であったり、職務経験を積んだからという理由などで監査法人へ転職するといった人も多く見られます。会計士転職を成功させるためには、働く場と業務についてしっかりと把握し転職活動に励んでください。