自分の事務所を持ちたいなら!会計士転職

会計士の中には、自分の事務所を構えたいという方もおられるはず。様々な業務経験は、何にも代えがたいほどの価値を持ちます。そんな方にとって魅力のある会計士転職先が、会計事務所になります。このメリットは、家計事務所を経営する人物そのものが、将来の自分の姿であるため、業務への取り組む姿勢や顧問となっている企業との関係や様々な対応のすべてを参考にできます。

会計事務所の中には税理士業務を担っている方もいます。その場合は、税務に関する知識を得られる機会もあります。会計事務所といっても対象となるクライアントによって大きな違いがあります。中小企業が主なクライアントの場合は、資金調達支援や事業計画、海外展開サポートや内部統制、監査などに携われます。

またベンチャー企業などであれば上場支援(IPO)、他社との合併や買収交渉(M&A)、会社の後継者がいない場合の事業継承支援、また事業再生や廃業などまで経験する機会を持てます。いずれも中小企業にとって大きな課題になっており、安定している大企業や中堅企業では経験する機会の少ないものが多いです。様々な経験をしたい方にとって中小企業を主なクライアントとする会計事務所は、まさに理想的な会計士転職先といえるでしょう。将来独立を視野に入れるのであれば最も身近な会計事務所がおすすめ、代表者の経営姿勢や担当する業務まで全てが独立に役立ちます。

会計士転職でさらなるステップアップを目指してください。