将来の独立を目指すなら!会計士転職

独立を目指すさいの会計士転職は、経験を広げたり深める大きな機会になります。会計士転職には、独立には大きく分けて自分の事務所を持つ、会計・税務に関する知識を活かして以外のビジネスで独立するの2通りあるため、目的に合わせることが求められます。自分の事務所を構えたいのであれば、やはり会計事務所がおすすめになります。様々な業務を経験できることから独立に必要な知識を吸収できますし、クライアントと接することで人脈を形成することもできます。

なにより、自分が本当にやりたい分野を発見することもできるでしょう。例えば大企業や中堅企業向けの会計業務だけでなく、中小企業や零細企業、スタートアップしたベンチャー企業を担当することもあるかもしれません。そのような機会を得たい方の会計士転職であれば、やはり会計事務所になります。会計知識は、企業するさいにも役立ちます。

ベンチャー企業やスタートアップのCFOは経営に関わりたい方向け、PEコンサルティングや投資銀行やファンド系なら国内外の様々なジャンルの業務に関する知見を深められますし、戦略コンサルティングや経営企画では自分で起業するさいの重要な経験を得られます。独立したいけど、何をしたらよいかわからなかったり、イマイチイメージが描けないという方もおられると思います。会計士転職を検討する場合は、自分自身が何をやりたいか、どんな分野にやりがいや関心があるのかなどをチェックしておくことをおすすめします。会計士転職のことならこちら