自分に合った税理士さんの見つけ方

一口に税理士さんといってもそのタイプはさまざまです。個人の顧客を得意とする人さんもいれば法人を得意とする人もいます。

また、税理士事務所の規模によっても変わってきます。このようにいろいろなタイプがいますので、自分に適した税理士さんを見つけることはとても重要になってきます。自分をあまり得意としない税理士さんと顧問契約をしてしまうと後悔することになってしまいます。

 

一般的な傾向としては事務所の規模が小さければ個人を得意とすることが多く、規模が大きい場合は法人を得意としていることが多くあります。個人を得意とする事務所の長所はいろいろな面で融通が利くことです。反対に短所は相性が合うことがとても重要になることです。大きな事務所ですと、担当者が幾人かいますので、相性が合わないときは違う人にお願いすることも可能ですが、個人事務所の場合はそうはいきません。相性と関係がありますが、資格を取得するまでの経歴も重要な要因となります。資格を取得する方法は専門学校などに通いながら受験する方法と事務所で働きながら受験する方法あります。そのほかには国税局に一定期間勤務したことで資格を取得する道もあります。

 

これも一般的な傾向ですが、試験を受けて資格を取得した人は顧客に寄り添った対応をとってくれる確率が高くなります。国税局などに務めてから資格を取得したケースはどうしても上から目線で対応することが多い傾向があります。やはり取り締まる側の経験が抜けきれないからです。このような特徴を理解したうえで税理士さんを探すことが大切です。