さまざまな税理士の業務

税理士というのは、国家試験に合格した上で、法律によって認められた、税金に関する事務を行うエキスパートのことですので、

その取り扱う範囲はかなりの多岐に及んでいます。もっとも身近な税理士の仕事としては、税務代理や税務書類の作成などといったものがあります。税金にかかわる手続きというものは、えてして複雑なものが多いため、依頼主になりかわって、確定申告書、相続税申告書、青色申告承認申請書をはじめとする、税務署に提出すべき書類のいっさいを作成して、さらに確定申告などの手続きを代行してくれるというものです。

 

通常の申告の手続きのほかにも、税務署からの税務調査に立ち会ったり、税金の金額に不満がある場合の不服審査の手続きを手伝ったりといったことも行っています。こうした手続きの前段として、税金に関してわからないことがらについての相談を受け付け、法律にもとづいた適切なアドバイスを依頼主に対して行うということもしています。これは一般には税務相談として知られている業務にあたります。

 

特定の個人ではなく、企業として税理士にかかわるシーンとしては、企業の会計事務などが典型的であるといえます。会社の財務書類の作成や会計帳簿の記帳を代行するなどの業務のことです。会社法のなかでは会計参与とよばれる役職を置く規定がありますが、税理士はこの会計参与になる資格を有しているため、多くの企業では、取締役と共同によって、計算関係書類を作成するなどの業務も行っています。