転職活動では面接が大事

転職の時の面接は、通常の就職活動時の面接とは違います。就職活動をするのは社会人になる前なので、まだ不慣れなことが多く、面接官は真摯に向き合う姿や快活さなど人柄で判断することが多いです。しかし転職活動では、社会人として一定の時間が経過しており、その間に様々なスキルを身に付けています。基本的に転職者はキャリアを積むことで企業の即戦力になることをアピールしなければなりません。

面接スキルもその一つで、コミニュケーション能力の有無が判断されます。マナーが身に付いていない場合、前の職場で何を学んできたのか分からないので、取引先に会わせたいとは考えません。社内でも上司や同僚と良い人間関係を築けない可能性があります。よって転職活動の時は、今まで以上に面接マナーを踏まえた行動が大事です。

まず面接会場には5分前に到着し、案内係も面接官の一人と考えて丁寧に接します。面接が始まったら、ノックを3回してどうぞと言われたら、失礼しますと一言添えて入室します。ドアを閉める時はドアの方を向いて、体を戻してから自分の名前と簡単な挨拶を行います。面接官が座るように指示したら、荷物を足元に置いて着席します。

面接官を部屋で待つ場合は、面接官が入室したら立ち上がって挨拶します。面接が終わったらありがとうございましたと言ってお辞儀をします。面接官など社員が見送った場合は、エレベーターに乗る時もお礼を言います。冬場なコートを着ていますが、社員が見えなくなったところで着ます。