セラミドと乾燥肌の関係

年齢やストレス、外からの刺激や季節の変化などで、お肌には様々な変化があらわれます。なかには化粧のりが悪くなったり、今まで使っていたスキンケアが急に合わなくなったりなど、人によって症状は異なります。お肌は本来、水分と油分のバランスが取れているとトラブルも少なく健康な状態でいられます。しかし、何らかの原因によって水分が不足すると乾燥肌へとかわります。

そうするとお肌のバリア機能が低下してトラブルが起こりやすくなります。セラミドは、そんなお肌にうるおいを取り戻してくれる成分です。お肌に存在するたくさんの角質細胞は細胞間脂質によってくっつけられています。細胞間脂質は角質細胞をくっつけるだけでなく、お肌の内部の水分が外へ逃げないように保持すると同時に外から異物が侵入してくるのを防ぐ役割も持っています。

セラミドは、細胞間脂質に含まれる成分の一つで、加齢とともに減少するので、同時にうるおいを保持する成分なども減少し乾燥肌へとなっていきます。そのため、乾燥肌は減少したセラミドを補給することが効果的だと考えられています。もともとお肌にある成分なので、お肌にも低刺激で安心して使用できます。セラミドが減少して乾燥肌になると、紫外線や細菌に弱くなりまずます乾燥しトラブルを招きます。

そのまま放置するとアトピーなどの症状に見舞われることもあるので、しっかりと保湿することでお肌のバリア機能を高めるスキンケアを選ぶことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする