美容成分の1つであるセラミドの効果とは

近年では、スキンケア用品にセラミドを配合したものが増えています。有名な美容成分が数多くある中で、セラミドはどのような効果を持つ成分なのでしょうか。セラミドは、本来肌の角質層に存在する成分の1つです。細胞の間を満たす脂質のうち、約50%を占めています。

ですが、紫外線等の外的刺激や年齢と共に減少してしまうため、外から補わなければなりません。肌の1番上の層に存在しているため、外から与える場合、浸透させやすいのもメリットです。更に、他の美容成分の力を底上げしてくれる効果も期待できるため、必ず取り入れたい成分と言えます。セラミドの最も注目される効果は、保湿力の高さ。

その保湿力は24時間持続するとも言われ、潤いの持続性の高さも認められています。具体的には、水分や油分をスポンジのようにため込んで、保持してくれる効果があります。そのため、潤いを保つだけでなく、他の美肌成分のサポートも可能になる、頼もしい存在です。そして、外部からの刺激によって、水分が蒸発しないように肌を守る効果があります。

肌は、紫外線ダメージを受ける事で、肌荒れ等を引き起こし、そのまま放置すると重度の乾燥肌、敏感肌になってしまう事もあります。そこで、セラミドの持つ、肌をバリアする機能が必要になります。年々減っていく成分なので、外側から取り入れていく事が大切です。元々肌が持つ成分なので、外から与えても刺激が少ないという利点もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする