オイリー肌と乾燥肌から肌を守れ

オイリー肌も乾燥肌も、どちらも健康的な肌には程遠いものです。ただ、オイリー肌体質の人も、乾燥が原因で皮脂が分泌されていることもあります。もともと乾燥肌体質の人もいますが、洗いすぎで乾燥肌になってしまうこともあります。石鹸は皮膚に必要な皮脂まで洗い落としてしまいます。

すると肌を守ろうとして、毛穴の中にある皮脂線から皮脂が過剰に分泌されます。これがオイリー気味なのに乾燥している人の特徴です。それに対して、ずっとカサカサの人は、皮脂の分泌能力が落ちている可能性が高いです。過激なダイエットで脂っこいものを極端に制限していると、分泌される皮脂の原料がないので、肌が乾燥してしまうことがあります。

オイリー気味なのに乾燥している人は洗いすぎが原因のことが多いですし、常に乾燥している人はそもそも脂肪の栄養素が足りていないことが多いということです。どちらの肌も、原因は皮脂が足りていないことです。まずオイリー肌の人は、洗う回数を減らしてみましょう。1日に何度も体を洗うという人は、かえって皮脂を過剰分泌させてしまう原因になっている可能性があります。

多くても2回、基本的には1回が洗う回数の目安です。常にカサカサ肌の人は、食生活を見直してみましょう。無理なダイエットや、偏食、病後の人などは乾燥肌になる可能性が高くなります。ダイエット中であっても、適度な油は綺麗な肌にとって必要です。

体の中から体質改善していくことが必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする