乾燥肌の原因や改善法

肌が乾燥して粉をふいたり、ぴりぴりと刺激を感じるときは乾燥肌になっています。乾燥肌の原因は肌の水分不足が主な理由です。空気が乾燥していたり、紫外線によって肌の水分が奪われます。また、加齢によって肌の保水機能が低下して乾燥肌が助長されることもあります。

そのような場合は体の内側と外側から潤いを与えてあげることが必要です。体の内側からのケアにはミネラルウォーターが最適です。人間の体は汗をかいていなくても水分を消費しているため、一日に1リットルや2リットルは水分を補給することが大切です。肌の保水機能を向上させるようなヒアルロン酸やコラーゲンなどの栄養素を摂取するのも大切でしょう。

食事からの摂取が難しければサプリメントを利用するのもおすすめです。体の外側からのケアでは、保湿系の化粧水や乳液で肌に潤いを与え、感想が酷い時にはコットンやシートマスクに化粧水をたっぷりと浸してからパックをすると良いでしょう。ラップなどでパックの上からフタをしてあげると水分が逃げていかなくておすすめです。乾燥肌は見た目がボロボロになるだけでなく、かゆみや刺激などが生じることがあるため、気になるときは早めのお手入れをすることが大切です。

顔だけではなく体の肘や膝、かかとなども乾燥しやすいため、保湿系成分が入ったボディソープやボディローションを使用するなど、日ごろから小まめなお手入れを心がけることが重要です。湿度が低い季節では加湿器の利用がおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする