スキンケアが起こしているかもしれない乾燥肌

自分のスキンケアは昔から同じやり方で、ずっと変わっていないという人も多いでしょう。肌トラブルがなければそれは自分の肌に合っているのでしょうから、そのままでも特に気にせず続けていても問題ありません。けれどもそのうち、何となく乾燥を感じたらその時にはもう一度スキンケアを見直してみましょう。普段はそれほど意識しないスキンケアですが、乾燥肌の原因にもなる場合があります。

今でこそ洗顔料もしっかりと泡立てて、その泡で優しく肌を洗っていくというのが浸透してきているのですが、それでもまだまだごしごしと力を入れてこすったりしている事も少なくありません。いろんなスキンケアがありますが、毛穴パックやスクラブなどを使うのは、乾燥肌になりやすくなるのであまりしない方がいいでしょう。本来は自分の肌に潤いを与えていきたいと思っているはずなのに、角質層に逆にダメージを与えてしまっているという事はよくあります。こすりすぎなどはその代表ですが、普段のお手入れだからと癖になってしまっている事もありますから、早急に治しましょう。

そして案外見落としがちなのが、洗顔やクレンジングのしすぎです。朝と夜の二回行うのは一般的ですが、汗をかいたからとか、さっぱりしたいという事で何度も洗顔をしたりすると、その分必要な肌の油分や潤いも取ってしまうため、乾燥肌になってしまうのです。普段のスキンケアだからこそ、定期的に見直して乾燥しないように気をつけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする