乾燥肌と季節の関係は

乾燥肌の人もそうでない人も、冬場になると何となく気分的に乾燥すると感じるのではないでしょうか。冬場の11月から春が車での3月頃までは年間でも湿度が低くなっているので、外を歩いていても乾燥を感じるのは仕方ないと言えるでしょう。湿度自体が低くなるピークとしては、12月や1月ごろなのですが、冬の寒さの湿度が実際に肌に影響が出てくるのは少しずれて2月から3月頃にピークになると言われています。これは、ピークの時の肌の状態が2~3月頃に出てくるからです。

その為、スキンケアなどもピークが過ぎたから大丈夫だろうと油断をせずに、乾燥肌対策を続けていくようにするといいでしょう。普段から乾燥を感じている人は特に入念にスキンケアや生活習慣に注意しておいて下さい。保湿用のスキンケアや、美容系のマスクなどもありますので、それらもスペシャルケアとして取り入れていくのもいいですし、必要に応じて乾燥を軽減するようなサプリメントも補助的に使ってみるのもいいでしょう。ただし、近年は冷房などを使うことによって、室内はさらに湿度が低下しています。

加湿器などを使ったり、自分自身でも水分補給をこまめに行ったりするなどもしていきましょう。夏場も隠れ乾燥肌という事で症状が出てきている人も少しずつ増えてきているのです。昔は冬場だけ乾燥していた人も、最近はどうも一年中乾燥を感じるようになってきているので、気をつけて過ごすようにしましょう。ロダンフィールズのことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする