化粧水の正しい使い方

お風呂上りや洗顔後に特に女性の方は化粧水などで肌の手入れを欠かさずに行います。乾燥肌の人は、化粧水でケアをしないと肌荒れをおこしてしまい大変なことになってしまいます。しかし、化粧水の正しい使い方など誰かに教えてもらうことなく使い続けている人は多くいると思います。そんな方達にぜひ行ってもらいたい使用方法をご紹介します。

まず、ポイントとなるのがつけるタイミングです。お風呂上がりだと暑かったりして涼んでみたり、先に髪の毛を乾かしたりと肌のケアを後回しにする人もいます。しかし、洗顔後すぐにせずに時間が経てば経つほど、肌への浸透率が少なくなってしまうので洗顔後すぐにケアを行うことで美肌への効果も期待できます。また、つけ方にもポイントがあって、まず適量を手の全体に広げ、手のひら全部で顔を覆うようにして、額、目の周り、鼻の周り、頬、顎とまんべんなく肌になじませます。

なじませるときに上を向いて重力でも肌に浸透させるとなおいいです。次に、化粧水がなじんだらもう一度手のひらに追加して、細かい部分の眉間、目元、小鼻などを重点的に浸透させたら終わりです。手でパッティングさせたほうが浸透するといったことが言われたりしますが、肌に刺激を与え、赤ら顔の原因になったりするのでよくないのでやめましょう。化粧水は、市販品で様々な種類のものが売られていますが、人によって向き不向きの物がありますので自分に合ったものを見つけてお手入れをしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする