化粧水の役割と使い方

化粧水は肌の乾燥を防ぐためにぬり肌の保湿効果があります。お風呂から上がった後や、洗顔の後につけることが一般的です。乾燥から守ったり、肌の調子を整えるために使い、肌から出る油分を整える効果もあります。肌を乾燥から守るため体の油分がいつもより多めに出て、それが、ニキビや肌荒れの原因になります。

皮脂の過剰分泌を抑えるために必要となってきます。乾燥を防いだ後は美容液であるクリームを塗ることが一般的です。化粧水にも様々な種類があります。一般タイプはノーマルなタイプで保湿目的で8割が水でできているタイプです。

植物性のタイプは植物から作られていています。美白タイプは美白効果を高める成分が多く入っています。アルカリ性のタイプは肌を柔らかくしてくれる効果があります。ふき取り用は肌の角質や油汚れをふき取るためのものです。

ニキビ用はニキビ肌専用のものになります。このように多くの種類があるので自分の肌のタイプをよく知り、一番適しているものを使うことが重要です。顔の肌は皮膚が薄いので自分に合わないものを使うとすぐに肌荒れが起きてしまします。何種類かの化粧水を試してみることをお勧めします。

そして化粧水は種類選びだけでなく、そのつけ方も重要になってきます。使う量は各製品にもよりますがだいたい500円玉ぐらいの大きさの量をとり肌になじませるようにつけます。顔の肌は摩擦に弱いのでパンパン叩いたりこすりつけるように塗ってはいけません。優しく塗ることがポイントです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする