化粧水前のオイルがアリなわけ

洗顔後に肌の調子を整えるために使用する化粧水。たくさん種類があるのでどれにしたらいいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。自分の肌に合うものが見つかればいいですが、なかなか見つからずに困っている女性も少なくありません。洗顔後のまっさらな肌につけるものですから、自分の肌に合ったものを選びたいものです。

それなのにいいものがないという方、洗顔後にいきなり化粧水ではなく、その一つ前にブースターとして美容オイルを使ってみてはいかがでしょうか。オイルというとべたべたしてあまり良いイメージを持たれていないかもしれません。ただ、今ではオイルシャンプーなど美容面での注目が集まっているので、もしかしたらイメージは改善しているかもしれません。そんなオイルを洗顔後のまっさらな肌に使用したい理由は、次に使う化粧水の肌なじみが良くなるからです。

オイルと水というと相反するもので、これはどうしてと疑問に思われるかもしれません。もちろんどんなオイルでもいいというわけではありません。角質にあって外部刺激から肌を守る大事な役割を果たしている皮脂、これに近い成分のオイルなのです。皮脂は化粧崩れの原因となるため厄介者扱いされがちですが、バリア機能という大事な役割を果たしているのです。

肌に皮脂がある状態で化粧水をつけてもはじいたりしないでしょう。逆にこの皮脂によってなじみがよくなるはずです。そこで洗顔後にオイルをブースターとして使用することで、化粧水の肌なじみがよくなり、スキンケアが功を奏するようになるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする