乾燥肌の化粧水について

体質や老化によって乾燥肌の方は多くいます。乾燥肌は肌の水分量が不足していて、肌バリアが弱まっている状態です。そして肌トラブルが多いことも特徴としてあります。肌バリアが弱まっていると紫外線やほこり、こすれや摩擦など外部刺激の攻撃を受けやすくなります。

そうした外部刺激の防御反応として肌はメラニン色素を多く分泌します。それがシミや黒ずみ、くすみの原因になります。また、肌の乾燥は古い角質を肌に残すことになります。すると毛穴が狭くなり皮脂が思うように排出できなくなり、そこに細菌が繁殖して吹き出物やニキビの原因となります。

こうした乾燥肌を改善するには日々のスキンケアが大切です。その日の汚れはその日の洗顔でしっかり落とします。それはゴシゴシ洗うのではなく、良く泡立てた石鹸でその泡に汚れを吸着させるように優しく洗うのがポイントです。次に化粧水をたっぷりと浸透させます。

乾燥肌に適した化粧水をセレクトすることが大切です。その化粧水には、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、グリセリンが配合されているものが適しています。これらの成分は肌に保湿力を高め、潤いを与えていくのです。そして、肌の奥底までしっかりと浸透させる力があるものが良いです。

いくら潤い成分があっても肌の表面に浮いている状態では、肌の根本的な改善にはなりません。しっかりと浸透する、保湿する力があるもの、また、乾燥肌はとても敏感なので、余分な添加物などが配合されていることで肌荒れを起こすことがあります。できるだけ無添加が理想的です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする