初心者の富士登山心得

日本で1番美しい山は、という質問があったらほとんどの人が間髪を入れずに「富士山」と答えるのではないでしょうか。

そして、世界遺産にも登録されたこの富士山に、一生のうちに1回ぐらいは登ってみたいという気持ちが芽生えている人もたくさんいるはずです。初めて富士登山を試みるのならば、是非とも専門の登山ガイドが付くパッケ-ジツアーに申し込むことをおすすめします。富士山は眺める限り穏やかな美しさが讃えられ、人々を優しく受け入れてくれるように思えるものですが、実際に富士登山となると、まったく別の話になるからです。特に9合目から先は頂上はすぐそこにあるはずなのに、なかなか到着しないうえに道も険しくなります。

一般的な富士登山のツアーでは、バスで5合目まで行き、そこから登り始めます。初心者は一気に頂上を目指すのではなく、途中の山小屋で仮眠が取れるプランを選ぶと良いでしょう。山小屋は狭いですが、ここでしっかり疲労を取っておくことで、最後のスパ-トをかけることが出来るでしょう。持ち物はなるべく軽く、少なくするのが理想的なので、出発前にはリストを作成して本当に必要なものなのかどうかを再度確認してみてください。

山の上の方は寒いので防寒対策としてフード付きのウインドブレ-カ-を必ず持って行くようにしましょう。簡単にたためる上に嵩張らないので、少しの雨ならばカッパの役割も果たしてくれます。また、甘いものは疲れが取れるので、ポケットの中に飴などを入れて行くと重宝します。途中の山小屋や、頂上でも食べ物等は販売されていますが、頂上に近づくに連れて値段が高くなるということも覚えておくと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *