夜行バスで東京大阪間を快適に移動する

昨今は高速バス運営会社が増え、東京や大阪間などの主要都市を結ぶ夜行バスの本数も大変多くなりました。

有名テーマパークやアーテイストのコンサートでの旅行はもちろんのこと、ビジネスで利用する人も増えています。またその料金の安さから、学生が帰省する際の移動などでも頻繁に利用されるようです。旅行会社により、ホテル宿泊と夜行バス料金がセットになったお得なツアーも売り出されており、利用者の増加に拍車をかけています。しかし、東京と大阪間に限らず、夜行バスは文字通り車内で一晩の宿泊中に目的地に向かうものです。乗車時間は大変長いものとなり、東京と大阪間で8時間から9時間程度をバスの座席で過ごすことになります。

途中のサービスエリアで休憩は設けられますが、それでも長時間座りっぱなしになることには変わりがありません。そんな長時間のバス移動で疲れてしまい、せっかくの旅行が台無しになることのないよう、夜行バスを利用する際にはしっかりと事前に設備の確認とご自身に合った準備をしていくようにしましょう。長時間車内で過ごすには眠ってしまうのが一番よい方法ですが、隣の席に人がいると気になって眠れないといったようなことはよくあります。

そういった方は、独立シートや三列シートの設備が採用されているバスを利用するとよいでしょう。横は窓か通路になるため、隣の席を気にすることなく眠ることができます。体調に不安がある方や女性の方は、お手洗い付きのバスを選択するのもよい方法です。その他、座席での睡眠は腰や首が痛くなってしまいがちなので、空気を入れて膨らませる大夫のクッションや枕を用意していくとより快適に過ごすことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *