志賀高原にスキーに行く場合の知識

志賀高原は関東から関西からも利用することができるスキー場として知られています。

どちらかといえば関東の人が多いですが、関西から来るのもそれほど難しくありません。もし関東からいく場合はどのような交通手段をとったらいいでしょうか。志賀高原まで行くためには、自動車で行くなら上信越自動車道を通って行きます。東京からおよそ3時間ぐらいかかると思って間違いありません。雪道になるとそれ以上の時間がかかりますのでその点は注意をしておきましょう。

バスであれば深夜に出発して朝方つくバスもあります。志賀高原であれば途中で横川などのサービスエリアで休憩をすれば問題はありません。スキー場までバスで行く場合はスキーバスが便利ですが、スキーバスはトイレが付いていない場合がありますので注意をしましょう。最近はトイレを嫌がる乗客も多く、トイレが付いていないバスも珍しくありません。

どちらがいいかはその乗客によって変わってきますが、サービスエリアまで待てないという人であればトイレが付いているバスがよいでしょう。バスにのっていく場合は、基本的に4列シートになります。格安バスの場合であれば4列が定番になっています。ですがある程度お金をかけていくと3列シートのバスもないわけではありません。3列シートのバスは、行ったりしていますので少しお金をためて、少しぜいたくなバスにのってみてもよいかもしれません。このように、様々な方法でいくことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *