白浜の海水浴場について

白浜にある海水浴場は、水質が極めて良好なAAAランクで病原性大腸菌O157もいません。

全国から海水浴客が訪れるほどで、関西や中部地方からのお客さんが多く、白浜は伊豆半島で1番にぎやかでメジャーなスポットでもあり、白浜神社を挟んで南側と北側に大海水浴場は、砂浜の長さは南北合わせて800mの長さになります。浅瀬が広がっていて、サラサラの白い砂と透明度の高い美しい浜が特徴です。

砂浜内には海の家やレンタルショップが無く、砂浜の目の前の国道沿いにドライブインやレストランなどの水着でそのまま食事が出来たり、コンビニやレンタルショップが並んでいます。駐車場は国道135号線沿いに10カ所以上あり、早いと朝の4時ころからやっているところもあり、早朝から海に入ることが出来ます。トイレやシャワーなどは国道沿い・白浜観光協会・ドライブインなどのところを利用するようになります。

海水浴シーズンは南側がサーフィンエリアとエリアが区切られていて、ライフセーバーが巡回して出来るだけ事故が起きないように配慮されていて、安心して楽しむことが出来ます。周辺には観光スポットも多く点在していて、周りには旅館やホテルもありますので、海で遊び疲れた体を温泉に浸かって一休みしてから、次の日にゆっくり帰宅するプランを立てることも可能です。混雑するスポットなので、駐車場などの場所の把握は事前に済ませておくと当日に心の余裕を待てるのでおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *