白浜にある温泉について

白浜は万葉集にも歌われた歴史のある、熱海・別府に並ぶ日本屈指の温泉郷になり、温泉としての歴史が古く、道後・有馬と日本三古湯とも言われていました。

白浜は、湯崎・大浦・古賀浦・綱不知などを合わせて7カ所の温泉地に細分出来て、海沿いには宿泊施設が広がっているところです。紀伊自動車道・紀伊白浜インターチェンジや空港とのアクセスの便も良く遠方からも訪れやすくなっています。白浜は日本列島のどの火山帯にも属していなく、火山が周辺に無いのに温泉が湧き出ている不思議なところでもあります。

近年では、フィリピン海から潜り込んだプレートから高温の地下水が滞留して出来ている事が、研究報告されています。原泉温度は32~85度で食塩泉・炭酸泉・重層泉から出来ていて、胃腸病・神経痛・リウマチなどに効果があると言われていますが、ただし万人の効果を保証するものではありません。温暖な気候は特徴で5月頃から海水浴を楽しめてマリンスポーツのレジャースポットとしても人気のある土地です。

海沿いには大自然が広がっていて千畳敷・三段壁・円島などの景勝地が点在していて、周辺には代表的な大型のアミューズメントパークも豊富にあります。共同浴場や料亭・オートキャンプ場の中にも温泉が併設されているところもありたくさんの場所で浸かれるようになっています。ゆっくりと観光施設で昼間は遊んで、夜は白浜で日頃の疲れも一緒に落としてみると、リフレッシュも出来て疲れが取れるのでおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *