白浜で温泉を楽しんだ後は美味しい地ビールを飲もう

和歌山県の白浜といえば、温泉を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

牟禮の湯という名で日本書紀や万葉集にも出てくる白浜の温泉は、斉明天皇や天智天皇も訪れたといわれる由緒ある温泉地です。現代でも千畳敷や三段壁・円月島のような大自然の迫力を感じられる絶景ポイントに加えて、アドベンチャーワールドなどのレジャー施設・南国ムードたっぷりの白良浜での海水浴など、観光もバッチリ楽しめる観光地としても高い人気があります。

温泉旅行に行くなら美味しいビールが飲みたいという方におすすめなのが、ナギサビールです。ナギサビールは仕込み水にモンドセレクション最高金賞を連続で受賞している南紀白浜富田の水を使用した白浜のクラフトビールです。麦芽100%、濾過・熱処理はしないで上澄みだけを製品にしたプレミアムビールで、なめらかなのどごしでありながら高い香りと深い味わいが特徴になっています。スパイシーなアロマホップのアメリカンスィートやフローラルでコクがあるペールエールを始め、スタウト・ゴールデンエール・インディアペールエールといったラインナップが揃っています。

みかん果汁と皮をブレンドした和歌山らしいみかんエールは、お土産にもおすすめです。ナギサビールは工場見学が可能で、工場内でのバーカウンターでは出来立てのビールを飲むことができます。千畳敷と三段壁の中間の場所には直営レストランもあるので、海を眺めながら美味しい料理とともに白浜の地ビールをゆっくり味わうのも良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *