予防接種で対策できる感染症とは?

感染症によるのどの炎症の意味

感染症によるのどに菌またはウィルスによりその場所が炎症を起こしている事を意味します。
のどに感染を起こす病原体で有名なものは風邪です。風邪でも菌による炎症かウィルスによるものかに分類されます。
ウィルスの代表的なものとしてアデノウィルスがあります。目に及ぶと結膜炎を発症するプール熱とも呼ばれるものです。
これが喉に炎症を起こすと酷い扁桃腺炎を引き起こし高熱を出します。風邪の中でも肺炎菌の場合もあります。酷くせき込みのどに炎症を起こします。また溶連菌も感染症の中でもの感染力の強いもので非常に強い喉の痛みが出ます。
感染症は別の場所から体内に入って感染するものです。その場所がのどで、痛みや違和感があった場合はその場所に炎症が起きていて菌またはウィルスが増殖しるなどの異変を意味します。本来であれば感染症にかからないように体は防御反応する事になっていますが、それでも違和感を感じた段階で体が弱っている事をあらわしています。また、こうなる前にうがいをして感染防止をしなければいけませんが、違和感や痛みが出た時点でもうがいをする事は大切な意味を持っています。それは炎症をそれ以上悪化させない事です。うがいの回数を増やす事で人間の体が本来持っている防御反応と共に菌やウィルスの増殖を抑えます。こうする事でそれ以上の悪化を食い止める事が出来ます。それでも発熱したり症状が益々悪化する場合には医療機関へ受診しなければなりません。医療機関ではのどの炎症を確認して抗生物質やのどの痛み止め、解熱剤などの薬を処方してくれます。ただし、抗生物質は菌には有効ですがウィルスには効きませんが、弱っている間にかかる合併症を抑える事は出来ます。